四季旅遊本館

明治神宮 御苑の花菖蒲 2014
明治天皇のゆかりの深い名苑
御苑の花菖蒲写真スライドショウ


御苑は、江戸時代初期以来加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でしたが、明治時代に宮内省の所轄となり、代々木御苑と称され、明治天皇、昭憲皇太后のゆかりの深い名苑です。菖蒲田は明治天皇が昭憲皇太后の為に植えられた花菖蒲は、現在も大切に守り育てられて、6月には見事な花を咲かせます。久しぶり明治神宮の花菖蒲を見てきました。原宿から明治神宮の大きな鳥居を、くぐって進むと御苑東門から入り下っていくと南池が見え、池に沿って歩くと菖蒲田へ、そっと覗くと花の手入れの素晴らしい花菖蒲群でした。明治神宮御造営当時は、江戸系の48種であったと伝えられ、以後 堀切(葛飾区)など東京近郊から江戸系の花が集められ、現在では約150種1500株だそうです。菖蒲田から新緑で輝く雑木林へ進むと、パワースポット「清正井」がある。ひと時、大変な人気で菖蒲田の入口まで並んでいましたが・・・今はのんびり眺める事ができました。

  



関連ホームページ
明治神宮・御苑の花菖蒲