四季旅遊

 ふなばしアンデルセン公園
     2015年 向日葵イベントの紹介と手賀沼の向日葵・あけぼの山 向日葵を合わせての紹介。
     
千葉県船橋市金堀町525  アクセスは ふなばしアンデルセン公園のホームページ 

ふなばしアンデルセン公園は船橋市とデンマークのオーデンセ市と姉妹都市で、童話作家アンデルセンがオーデンセ市の出身である事に、ちなみ公園名称にアンデルセン公園と・・・開業当初の名称は「ワンパク王国」であった。
世界最大級の旅行口コミサイトで、今年の日本の人気遊園地部門で大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を上回り、一位 東京ディズニーランド、二位東京ディズニーシーに次ぐ3位に選ばれた。ふなばしアンデルセン公園は大掛かりなアトラクションはなく、知名度や予算も劣る公園だが、アスレチックや動物と触れ合える施設、子ども連れに人気だが全国では無名。ランキング発表以降、来園者は急増。平日は例年の1,5倍の1日約1500人に。 トリップアドバイザーは、世界45カ国で利用され、2億5000万件以上の口コミ情報を掲載。同サイトの日本法人によると、2014年1月~12月に寄せられた口コミの5段階評価の平均値と投稿数を基礎データに、独自の計算方法で順位付けされる。 アンデルセン公園の口コミ評価は「1日中遊べる」「花が多く大人も楽しめる」「お金を使わなくて済む」などから
2014年度の来園者数は過去最多の約66万人。アスレチック施設や水遊び空間などの「ワンパク王国」、童話の世界をイメージした「メルヘンの丘」など5ゾーンに分かれる。常時150種類5万株は下回らない季節の花々も見どころ。
入園料は一般900円、高校生600円、小中学生200円、4歳以上100円。(シニア65才以上無料)






前回の撮影は、アイスチューリップ スライドショウ 
ふなばしアンデルセン公園で12月下旬、真冬に見頃を迎える特殊な2万株のチューリップの開花していました。 チューリップは、平成21年冬に1500株を植えた所、好評だった事から、年々数を増やし、今年は13種約2万株が植えられました。チューリップは冷凍や冷蔵処理を施した特殊な球根を植え付けている。冬の寒さを擬似体験させ11月に植え、翌年1月には開花のピーク(チューリップ祭り)を調整します。園内メルヘンの丘「イベント広場」を中心に植えられている。

日本のアミューズメントパーク(遊園地)トップ10

1 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)
2 東京ディズニーシー(同)
3 ふなばしアンデルセン公園(同県船橋市)
4 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)
5 富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)
6 ナガシマスパーランド(三重県桑名市)
7 グリーンランド(熊本県荒尾市)
8 ルスツリゾート(北海道留寿都(るすつ)村)
9 江戸ワンダーランド 日光江戸村(栃木県日光市)
10 ハウステンボス(長崎県佐世保市)

ひまわりは花が太陽の動きにつれてまわることから。 ”日まわり” でも「花首の柔らかいつぼみの時だけ 昼間太陽の方向を向いて夜に向きを戻し、 成長して花が咲いてからは東を向く」、 というのが本当のようです。 でも「太陽の方向に動くにつれ回る」、というのは わかりやすいしおもしろい説ですね。 漢字の「向日葵」は漢名から。種子は食用になる。種子から採った油は 石鹸や塗料の原料になる。 茎や葉は家畜の飼料となる。





 

   現在の閲覧者数: