四季旅遊

糸 川 桜 ま つ り 熱 海 桜
アクセス: 電車でのアクセス/JR熱海駅または来宮駅より徒歩約15~20分
バスでのアクセス/JR熱海駅より熱海港・後楽園行き利用約7分→銀座下車→徒歩1分

熱海梅園の帰りに来宮駅前を通って来宮神社に寄ってから糸川桜を祭りに・・・・あたみ桜は、明治4年頃イタリア人によってレモン、ナツメヤシと共に熱海にもたらされ、その後先人たちの努力により増殖が行われ、市内の大役の場所に植栽された。熱海では市制40周年の昭和52年4月に「市の木」に指定された。熱海さくらは花粉形態分析などにより、台湾・沖縄産の「カンピサクラ」と日本の暖地に自然分布する「ヤマザクラ」が親である事が推定された。沖縄のカンピサクラと並んで日本列島で最も早く咲く桜です。また、開花期間も一か月と長いです。  撮影 2016年1月31日







 
糸川遊歩道 熱海桜 

 
熱海梅園 アルバム 
 来宮神社のアルバム 
来宮神社境内にある巨大な楠。根回り約15m・南幹の目通り幹囲8m・
北幹の目通り幹囲15m・樹齢は約2000年といわれている。   

 
「金色夜叉」でおなじみ 貫一 お宮の像

 
海岸公園の釜鳴屋平七像                   熱海城



   現在の閲覧者数: