四季旅遊


山 王 ま つ り 神 幸 祭
華 麗 な 王 朝 絵 巻 行 列

山王まつり 神幸祭
皇居坂下門前にて
駐輦祭
駐輦祭
皇居坂下門で、駐輦祭、宮司以下神社役員が神符の献上及び、参賀しました
諌鼓鶏の吹貫の山車
鼻高面 朱傘
鼻高面 朱傘
大真榊
獅子頭
獅子頭
御弓~御太刀など
舞姫 童女など
官蓋
花山車




山王まつりは京都の祇園・大阪の天満まつりと共に、日本三大夏祭に数えられています。また、江戸三大祭(山王まつり、神田祭、深川八幡祭)です。今年は隔年による本祭の年に当たり、神幸祭が執り行われました。神幸祭は山王まつりの最大の盛儀で、二基の鳳輦と一基の神輿を中心に古式装束に威儀を正した祭列が優雅に都大路を巡幸する。供奉員総勢約500人・御列は300メートルに及ぶ、江戸時代には歴史の将軍が上覧し、天下祭と呼ばれ、広く親しまれてきた。神幸祭の道順は、日枝神社を出発して国会議事堂裏~四谷駅前~市ヶ谷駅~靖国神社~国立劇場(元山王)~三宅坂~皇居濠端沿い~皇居・桜田櫓~皇居坂下門(参賀・神符献上)~東京駅~八丁堀~茅場町・日本橋日枝神社~銀座一丁目(銀座巡行)~銀座八丁目~新橋~帝国ホテル~日比谷公園~霞ヶ関~永田町~日枝神社と東京のど真ん中を巡行しました。
鳳輦                              神輿
 
舞姫 童女                        花山車
 

   


四季旅遊   

   現在の閲覧者数: