四季旅遊


「寅さん像」の視線の先に見送る
「さくら像」が立ちました。


「寅さん像」の視線の先に見送る「さくら像」が立ちました。
「寅さん像」の視線の先に
見送る「さくら像」が立ちました。
「お兄ちゃん、またどっかに行っちゃうのね・・・」
「あのねお兄ちゃん、辛いことがあったら、いつでも帰っておいでね。」
寅さんが じゃ「行ってくるよ」と言っているみたい感じの像です。
さくらの台座には
寅さんの台座には
「私、生まれも育ちも葛飾柴又・・・・人呼んでフーテンの寅と発します。」
下町の風情があふれる街並みへ
ハイカラ横丁とおもちゃ博物館
柴又帝釈天参道
高木屋さん~
名物の団子
とらやさん~
柴又帝釈天・・・二天門
帝釈天の鐘楼
経栄山題経寺 帝釈堂
樹齢およそ500年のクロマツ、「瑞龍の松」
高さおよそ10メートル、幹回りおよそ1・8メートルの大木
大鐘楼
御神水
再度 柴又駅へ
さくら像
最後まで見て頂き有難う御座いました。



柴又駅前「寅さん像」の視線の先に見送る「さくら像」が立ちました。
平成29年3月25日11時に除幕式には「男はつらいよ」の山田洋次監督と妹・さくら役を演じた倍賞千恵子さんも出席されて・・・除幕式があったそうです。それから約5日して見にいってきました。柴又駅には寅さんとさくらの像が立ち・・・取り囲むように人々が記念写真を撮っていました。
 
見送る 妹「さくら」の台座には


・・・・ある別れ・・・
さくらは失恋して旅に出る寅を駅まで
見送ることにする
「いいんだよ、忙しいんだろお前」と
言いながらもその思いやりが
みにしみるほど寅は傷ついていた
駅前でさくらは立ち止まる
「それじゃお兄ちゃん身体に気をつけてね」
「ああ」と無造作にうなずいて駅舎に
向かう寅の足がふと止まりふり帰る
「おい」
「なあに」
「満男に一生懸命勉強しろと言っとけよ」
「うん、わかった」
乱暴な口調で言いすててスタスタと
改札口にむかう寅
さくらは踵を返し、秋の終わりを思わせる
冷たい風が吹く中を家路につく



また、寅さんの像には


寅さんは損ばかりしながら生きている。
江戸っ子とはそういうものだと
別に後悔もしていない
人一倍他人には親切で家族思いで
金儲けなぞは爪の垢ほども考えたことがない
そんな無欲で気持ちのいい男なのに
なぜかみんなに馬鹿にされる
もう二度と故郷になんか帰るものかと
哀しみをこらえて柴又の駅を旅立つことを
いったい何十辺くり返したことだろう
でも 故郷は恋しい
変わることのない愛情で自分を守ってくれる
妹のさくらが可哀想でならない
──ごめんよさくら いつかはきっと偉い
兄貴になるからな──
車寅次郎はそう心に信じつつ
故郷柴又の町をふり返るのである

     一九九九年八月 山田洋次


「私、生まれも育ちも葛飾柴又です。
帝釈天で産湯をつかい、
姓は車、名は寅次郎、
人呼んでフーテンの寅と発します。」

柴又帝釈天参道の商店街            帝釈天
 


 

  
四季旅遊   

   現在の閲覧者数: