泉岳寺・義士祭 赤穂浪士討ち入り
泉岳寺 ・ 義士祭 赤穂浪士討ち入り
最後まで見て頂き有難う御座いました
 
大きな(800x533) 写真スライドショウで 見たい方はクリックして下さい。
主君への忠義を尽くした“赤穂義士”
赤穂浪士 討ち入り(12月14日) ・・・赤穂浪士義士を供養する為に、泉岳寺へ・・・ 赤穂義士は「忠臣蔵」として、ドラマや舞台として演じられ、赤穂義士は忠義を尽くし、 潔く散った江戸時代の義士として多くの人の共感を呼んでいる。 泉源寺では毎年12月14日に義士祭を開催・・・ “赤穂義士”元禄15年(1702)赤穂四十七義士が吉良上野介の屋敷に討ち入りをし、主君の仇であった 吉良上野介を討ち取り・・・主君の墓前に報告した史実にちなんだ祭事です。 泉岳寺の山門 出店も出て賑わっています。
赤穂義士・四十七士の墓所に訪れ、ひとつひとつの墓所に線香の白い煙が立ち昇り、終日参拝者が訪れていた。朝10時に訪れ本堂から四十七士の墓所に行き参拝してから財界二世学院主催義士行列の通過する東銀座の歌舞伎座前で撮影して・・・増上寺まで歩いて・・・15時半頃には、泉岳寺に「財界二世学院義士行列」が到着。浅野内匠頭の墓参り
  
泉岳寺本堂           大石内蔵助良雄の銅像

  
 ① 血染の梅、血染の石 田村邸内浅野公自刃の場に有りしものなり
 ② 首洗い井戸 吉良上野介義央の首をこの井戸にて洗い主君の墓前に供う

  
大石内蔵助のお墓      大石主税のお墓
  
財界二世学院義士行列         赤穂義士・四十七士の墓所
 
赤穂義士は元禄16年(1703年)2月4日に切腹した後、直ちにこの地に埋葬された。ただし間新六の遺体は遺族の元へ、また寺坂吉右衛門は本懐成就後、瑤泉院など関係者に討ち入りを報告して廻り、のちに江戸に戻って自首しましたが赦され、麻布・曹渓寺で83歳の天寿を全うした。現在も曹渓寺に眠っているそうです。泉岳寺にある間新六の供養簿は他の義士の墓と一緒に建立、寺坂吉右衛門の墓は慶応4年(明治元年・1868年)6月に供養のために建てられた。また、いわゆる47士の他に、本人は討ち入りを熱望したものの周囲の反対に遭い討ち入り前に切腹した萱野三平の供養墓があります(明和4年(1767年)9月建立)したがって泉岳寺の墓碑は48あります。
泉岳寺 東京都港区高輪2-11-1
都営浅草線=泉岳寺駅下車徒歩5分
 四季旅遊の館  四季旅遊の館