池上梅園の梅(雨の降る中・・・)
池上梅園の梅まつり
最後まで見て頂き有難う御座いました。
 [写真30枚スライド PC:大きい写真で見れます。
池上梅園の梅がそろそろ綺麗になる頃と思い~雨の降る中~我孫子から常磐線で上野まで出て 山手線の五反田駅で降りてバス(東急バス・川崎駅行)で、本門寺裏で降りて 歩いて 3分で池上梅園に・・・入口 おお~綺麗と思いました。 入口入場料を・・・100円ですが・・・ 65才以上は無料でした。
丘陵斜面を利用した閑静な庭園で、下から見ても上から見下ろしても 凄く綺麗な梅園です。梅の種類は30種類・・・大湊(豊後系) 一重冬至(野梅系) 紅千鳥(緋梅系) 寒紅梅(野梅系) 月影枝垂(野梅系) 唐梅(緋梅系) 豊後梅(豊後系) 緋梅(緋梅系)芳流閣(野梅系) 緑萼(野梅系) 白加賀(野梅系) 月宮殿(野梅系) 曙枝垂(野梅系) 流芳(野梅系) 一重緑萼(野梅系) 玉光枝垂(緋梅系) 月の桂(野梅系) 野梅(野梅系) 見驚(野梅系) 紅筆(野梅系) 緑萼枝垂(野梅系)など・・・
池上梅園 東京都大田区 戦前は園内北半分が日本画家・伊藤深水氏の自宅兼アトリエで、月白山荘でしたが、戦災で焼失した。戦後、築地の料亭経営者・小暮氏の所有となり拡張された。小倉氏の没後、昭和50年(1975年)、庭園として残す事を条件に東京都に譲渡され、昭和53年(1978年)東京都から大田区に移され、紅梅を中心に拡張がすすめられ、梅や庭園を楽しむ公園に整備された。その後、昭和58 (1983)年に茶室「聴雨庵」が大田区に寄付され、 平成元年には茶室「清月庵」が寄付された。 




池上梅園 東京都大田区池上二丁目2番13号
都営地下鉄浅草線「西馬込駅」下車徒歩約10分
東急池上線「池上駅」下車して徒歩約20分
JR五反田駅東口からバスで川崎駅行きに乗って「本門寺裏」で下車徒歩約3分
四季旅遊の館  四季旅遊の館