四季旅遊の館

上野公園・不忍池・ 桜まつり
上野公園桜並木の桜
上野東照宮へ
五重塔
上野公園広小路口の枝垂桜
不忍池周辺の桜
最後まで見て頂き有難う御座います。
上野恩賜公園は総面積53万8000平方mの規模を誇る公園で、都内でも有数の花見の名所となっている。江戸時代、寛永寺の建立後に天海僧正が境内に多くの桜の木を植えたことが始まりとされる。上野の山が桜の名所となったのは寛永年間(1624~1644年)からで、花見名所の歴史は長い。上野公園一帯には、ソメイヨシノを中心に、オオカンザクラ、ヤマザクラなど約1200本の桜が一斉に咲き誇る。また、1300本のぼんぼりにライトアップされた美しい夜桜が見れる・・・・毎年3月下旬~4月上旬に行われる「上野桜まつり」の期間中は、1日約30万人がお花見に訪れ賑わいます。また、上野の山からぐるっと不忍池の桜を見て見て廻りました。
上野公園桜並木と上野東照宮の鳥居
上野東照宮は徳川家康を祀る神社で、社殿が黄金色で綺麗です・・・ぼたん苑も。有名です。
 
五重塔とお化け灯籠
旧寛永寺五重塔は上野恩賜公園の中の上野動物園の園内にあります。五層全体が和様式で九輪までの高さは約36mあります。お化け灯籠「佐久間大膳亮勝之」が東照宮に寄進した石造の燈籠燈 の大きさは、高さ六・〇六メートル、笠石の周囲三・六三メートルと巨大で、その大きさゆえに「お化け燈籠」と呼ぶ
 

不忍池 上野恩師公園の中に位置する天然池。夏は蓮の花が咲き、冬は渡り鳥の天国となる。桜の遊歩道は素晴らしくボート乗り場もあります。夏は大きな蓮が咲き東京の名物になっています。
上野恩賜公園(上野公園) ★アクセス JR上野駅・東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩約5分 京成上野駅から徒歩約3分


四季旅遊の館  四季旅遊の館