都電荒川線・都電と薔薇
都電荒川線特別電車バラ号と薔薇
最後まで見て頂き有難う御座います。

都電荒川線で薔薇の咲く時期に特別電車バラ号の撮影に
都電荒川線は、三ノ輪橋(荒川区)から早稲田(新宿区)の区間12.2kmを走っています。昭和初期の東京市電をイメージしたレトロ車両と下町情緒たっぷりの雰囲気が人気の路線です。昭和60年から始まった荒川区のボランティアの人たちより~バラが植栽され、春と秋には色とりどり約140種13,000株のバラが咲き道行く人の目を楽しませてくれます。都電荒川線 始発・終着停留場でもある三ノ輪橋停留場は、関東の駅100選の一つで、昭和30年頃をイメージにしたレトロ調のデザインの停留所で、バラの花の季節には様々な色のバラが咲き誇ります。都電バラ号を待って一時間ほどしてやっと特別電車バラ号が、入ってきました
都電荒川線三ノ輪橋駅 都電特別電車バラ号
特別電車「都電バラ号」は 9001号(赤いレトロ車両)・・・東京都交通局9000形電車は、2007年(平成19年)5月27日に営業運転を開始した路面電車(都電)車両
三ノ輪橋停留場は、関東の駅100選関東の駅百選に認定。
認定理由は「春には見事なバラが咲き揃う都内唯一の都電が走る停留場」


特別電車バラ号のヘッドマーク
前後にあります


四季旅遊の館  四季旅遊の館