四季旅遊・・・・・四季だより


白鳥の郷 本埜村(もとの)に飛来

平成4年11月14日に印旛沼上空に飛ぶ6羽の白鳥を確認された。  姿を消したが12月7日に家の前の田んぼの
溜め水に再び舞い降り、これを発見した出山氏は地主に協力を求め、土地(50a)を貸りる事が出来、朝、昼、夕、
同じ時間と同じ洋服で1日3回に分け、約3ヶ月間、餌を与え続けたところ、ようやく心通じて餌を持っていくと向こう
から寄ってくるようになったそうです。現在、この地の季節名所になっている。餌の時間は現在は朝八時・夕四時
今年は10月25日飛来す    JR成田線小林駅・安食駅、北総公団線印旛日本医大駅から徒歩30分   案内図
平成 4年  6羽    平成 5年 12羽    平成 6年 23羽    平成 7年 38羽    平成 8年 52羽
平成 9年 85羽 平成10年125羽 平成11年147羽 平成12年271羽  平成14年357羽
平成15年811羽 平成16年540羽 平成17年833羽 平成17年12月22日現在  730羽:

白鳥の生態☆警戒心が非常に強いが、一度安全だと知ると白鳥は親しみやすい ☆一度ひどい目に会うとその場所を知っていてなかなか近よらない☆家族は、はっきりしていて、いつも一緒に行動する。 ☆白鳥の好んで食べものは、ここではシイナ(米の未成熟のもの)、麦、とうもろこし、パンくずなど☆白鳥の体重は、10kg前後もあるので飛びたつ時は滑走してから飛びたつ、 ☆ 着水のときは脚を前方につき出して、水かきで水面を押さえ翼でブレーキをかける。☆ 白鳥は外見から雌、雄の区別がつかない。☆寿命(飼育の場合)は20〜30年だろうといわれています。白鳥は一般にシベリア(アジア大陸の北部の河川、湖沼)に生息し、5〜6月頃産卵、ヒナをかえし、秋になると餌を求めてサハリン(カラフト)方面から北海道に集結、10月上旬からさらに南下して渡ってくる。それから日本で冬をすごし、3月上旬頃から春の訪れと共にまたシベリアへ帰っていく。 阿賀野市ホームページ・瓢湖・白鳥情報より
オオハクチョウとコハクチョウの2種類です。オオハクチョウは体が巨大で首が長く、成鳥は純白色(幼鳥は灰色)クチバシのつけ根から鼻孔にかけて黄色で、その他の部分は黒、脚も黒です。コハクチョウはオオハクチョウを小形にしたもので鳴き声もちがいます。

フルスクリーン鑑賞設定法