t眼内レンズ手術

術後早期の合併症



2術後3ヵ月以上経過してから生じる合併症:後発白内障。20例に1例の頻度で発生。レーザベ台療が必要な場合があります。
3飛蚊症 個人差があり市すが、術後に自覚することがあります。

4眼の状態により、術中に眼内レンズを挿入できないことがあります、その場合、後日眼内レンズを眼内に縫いイ寸ける手術を行うか、コンタクトレンズを使用してもらうことになります。

5通常の場合、手術後口よ眼鏡力泌要です。手術時に水晶体の代わりに挿入する眼内レンズには、いろいろな距離のものにピントを合わせる調節機能はありません。希望または予測どおりの屈折度にならないこともあります
6そ朔也の起こりうる合併症l角膜のj刹重、創の癒着不全、網§莫111匯、網呪孚腫、緑内障等。色の慰覚が少し変化することがありますア駆逐性出血り吊めて稀ですが、手術中に眼の中で突然大出血が起こることがあります。他のいかなる手御こもおこりうる合併症:手術中に使用する薬剤に対する異常反応、突然の脳出血、突然のり闘亭止等、
9聊吻よ点眼麻酔。術中疼痛強い場合は注射による麻酔を追加。