四季旅遊

高円寺阿波おどり
昭和32年、街おこしの為に阿波踊りが導入され、存続の危機を乗り越えて、今年で50回目の高円寺阿波おどりが
2006年8月26〜27日まで開催されました。初めの頃は「高円寺ばか踊り」で、昭和36年徳島新聞社から、徳島県
人会の「木場連」と巡りあい、木場連の指導でテクニックなどを学び、昭和38年正式に「高円寺阿波おどり」に変更
して新たに出発した。現在では約188団体(連)、約12,000人の踊り手が、軽快なお囃子を奏で、踊り、見物客120
万人で動員するその規模は、徳島に次いで第2位の規模を誇る。隅田川花火大会、浅草サンバカーニバルと共に
東京の三大夏祭りにも数えられ、都内の夏を彩る代表的なイベントとして知られています。 高円寺駅〜新高円寺




2004年高円寺阿波おどり  高円寺阿波おどり公式ホームページ