四季旅遊

「咲いたまつり」に日本各地の祭りが集結
今回で四回目になりますが、第1回目は「見沼竜神伝説(見沼田んぼの守り神として古くから伝わる)にちなんだ
イベントでしたが、今では埼玉市民相互交流と融和を図る為の、「みんなで築こう“さいたまの伝統と文化”」
をテーマに、市民参加型のイベントになっています。
 場所 さいたま新都心駅周辺とスーパーアリーナ

日本各地の様々な祭りが“さいたま”に集結!岩手県のさんさ踊り・島根県石見神楽・新潟県大したもん蛇まつりなど

盛岡さんさ踊り石見神楽写真クリックしますとスライドショウを見る事が出来ます。

盛岡さんさ踊り
さんさ踊りは、三ッ石神社の巨石伝説に由来し、むかし悪事のかぎりをはたらく鬼がいて、里人たちは三ッ石神社に退治を祈りました。鬼を捕まえた神は、2度とこの里に来ない(不来方の由来)ことを誓わせ、鬼はその証として巨石に手形(岩手の由来)を残して逃げた。里人たちは大いに喜び 祝い、三ッ石のまわりをサンサ、サンサと踊ったのが始まりといわれている。
さんさ踊りは藩政時代から受けつがれ、踊り手2万人の浴衣姿も鮮やかに、1500本の笛や約1万個もの太鼓がビル街に鳴り響きそうです。力強いリズムにあわせて、勇壮でエネルギッシュな群舞は迫力満点です。(盛岡商工会議所より) 祭り期間 8月1日〜3日

島根県益田市石見神楽の代表演目 大蛇。
須佐之男命が、出雲の国、斐の川の河口で箸の流れるのを見て、川上に人の住んでいる事を知り、川上に上がってみるとそこに老夫婦と娘が嘆き悲しんでおります。命がたずねると、この奥山に大蛇が住み、毎年出てきて娘をさらってゆき、8人のうち1人だけ残りました。そこで、命は大蛇に毒酒を飲ませて退治します。
このとき、大蛇の尾から出てきた一振の刀をむらくもの剣と名づけ、天照大御神に捧げ、のちに草なぎの剣と改名され、三種の神器の一つとなりました。助けられた娘、櫛稲田姫は須佐之男命と結婚し、地方の産業治水に努力されま
した。
新潟県関川村 関川村には『大里峠(おおりとうげ)という伝説があります。川をせき止めようとする大蛇が登場するこの伝説は一説によれば、大水害を物語にしたものとも言われています。 また、昭和42年8月28日、関川村を含む羽越地方は大水害に見舞われ、多くの犠牲者を出しました。30年以上経った今も私たち村民の心に焼きついて離れません。 このようなことから、8月下旬を実施日とし、二度とこのようなことのないよう祈願するとともに、村民みんなが参加するイベントにふさわしい『大蛇』をテーマに開催されるようになったのです。去年は、ギネスブックにも挑戦し、新聞やテレビでも報道され、ついにギネス認定世界一に!大蛇伝説の里
青竹ちょうちんまつり 8月15・16日 安久津八幡神社 山形・高畠町. 300年以上の伝統をもつ祭り。 道筋の家々に提灯つきの青竹を飾る。
会津金山町 「湖と妖精のフェスティバル」  8月初旬
沼沢湖には昔からこんな伝説があります。昔、沼沢湖には大蛇が棲んでおり、村人達を困らせていたそうです。そこで当時の会津黒川城主である、佐原十郎義連が家来を数十人引き連れて、大蛇退治にやってきました。義連は一度大蛇に丸飲みにされたものの、観音様の力によって義連は助け出され、無事、大蛇を退治することが出来た・・というお話です。
会津坂下町大俵引き
大俵引き行事の起こりは、今から約四百年前といわれ、この当時会津の地を治めておられた蒲生時代に坂下の繁栄を図るため、現在の役場付近を中心に東西八丁二十四間(約九百メートル)の町割で市が許可され、翌年から毎月四の日と九の日を市日と定められました。そこで坂下の場合は年の始めの正月十四日の市を初市と名づけ、その際市神様をまつり市神様の前で大俵引きの行事を行ったのが事の始まり
さいたま市緑区 さいたま市大宮区