四季旅遊

川 越 ま つ り U
国指定重要無形民俗文化財 川越氷川祭の山車行事

川越まつりは、川越城主松平伊豆守信綱が祭礼用具を寄進した事から始まり、江戸の「山王祭」「神田祭」の様式を
取り入れながら変遷を重ね、およそ350年にわたって受け継がれてきた。本家東京の祭りが山車から神輿に代わった
今、「川越まつり」は、かつての江戸天下祭を再現している。山車は、一般に町名、人形名で呼ばれ、歴史上の人物を
題材にした人形をせり出して蔵造りの町並みをゆるやかに練り歩く様子は、まるで錦絵の様です。川越の蔵造りの町並
は電線が地中化された町で、山車巡行にかっこうの舞台です。
又、山車同士が出会うと互いに向き合い、相手に対して
自分たちの囃子を披露する「曳っかわせ」は、祭りのだんご味となっている。急テンポの囃子、曳き手や観衆の声援で祭
は最高潮に達します。川越市ホームページ
JR川越線川越駅・東武東上線川越駅&川越市駅・西武新宿線本川越駅




フルスクリーン鑑賞設定法