四季旅遊

立山黒部アルペンルート 黒部ダムの秋
3000m級の山々が連なる北アルプス立山連峰、北陸富山と信州大町をつなぐ山岳ルート
東京・はとバスで新宿から中央高速め長野道で安雲野に入り、扇沢(トロリーバス)〜黒部ダム
(ケーブルカー)〜黒部湖〜黒部平(ロープウェー)〜大観峰との往復でした。立山に初冠雪があって
晴れを予想して紅葉も見られるのではないか? と思い行きましたが残念ながら曇り空でした。

トロリーバスは扇沢からのトンネルは黒部ダム建設時に資材搬送用トンネルとして掘削されました。途中に富山・長野県境と、
難工事の末突破した破砕帯があります。トロリーバスは約30分毎に数台連ねて発車します。走行距離6.1kmを16分かかります。
また、大観峰から反対側の室堂へ行くトロリーバスは立山山頂直下で、日本で最高所(2,450m)を走ります。トンネルですので
景色は見えません。黒部ケーブルカーは黒部ダムと黒部平を結び
自然景観保護と雪害防止のため全線地下を走り、日本で唯一
のケーブルカーです。走行距離 0.8kmを5分です。駅間標高差 373m、最大勾配 31度 立山ロープウエイは標高2、316mの
大観峰から1、828mの黒部平まで、標高差500mを7分で結ぶロープウエイです。その距離は1.7Kmもあり、途中に支柱が
一本もないワンスパンロープウエイとしては日本最大級のものです
。  立山黒部アルペンルートオフィスガイドホームページ