四季旅遊

浅草師走の最後を飾る風物詩
浅 草 羽 子 板 市
東京下町の年末を彩る羽子板市が例年通り12月17日〜19日まで浅草寺で行なわれました。浅草寺境内には
弁慶、 助六、 鏡獅子、 女の子は道成寺、汐くみ、藤娘などの絵柄と世相羽子板などの変わり羽子板も名物。
羽子板は、「邪気を跳ね返す板」として、女児の成長を願って贈られる縁起物で゜押絵羽子板と呼ばれる立体的な
装飾をほどこしたもの、大小約5万本の羽子板が境内に並ぶ。気になる値段は数千円から数万円の物が主体で
正絹や金糸を施していると数十万円する物もある。値札が付いていない場合も多く、店の人に尋ねから、値切って
いくのも楽しみのひとつで、値切った分をご祝儀にすれば「お手を拝借!」と威勢の良い三本締で送り出してくれる。