四季旅遊


河 津 桜
本州一早咲きの桜
河津桜は河津町田中の飯田勝美氏(故人)が1955年(昭和30年)頃、河津川沿いの冬枯れの雑草の中で芽吹いていた約一メートル位に育った桜の若木に見つけて庭先に植えた事が始まりです。そして約十年後の1966年(昭和41年)、1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続けました。その後。綺麗に咲く桜を見て譲ってほしいという話もあったが思い出の桜での為に手放さなかったそうです。当時はこの桜を屋号から「小峰桜」と呼ばれて親しまれていたそうです。その後、調査で新種の桜とわかり、特徴ある早咲きサクラは河津町に原木があることから、1974年(昭和49年)にカワヅザクラ(河津桜)と命名され、1975年(昭和50年)には河津町の木に指定されました。カワヅサクラは早咲きオオシマザクラ系とヒカンザクラ系の自然交配種と推定されています。