四季旅遊

忍 野 八 海
霊峰富士
 湧水がとても美しい忍野八海
  
忍野八海は、霊峰富士の胎内から湧き出る八つの泉は、昔から「神の泉」と崇められ、いくつの「伝説」が語り継がれている。忍野八海は八つの湧水池(湧池、出口池、お釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池)から成っている。忍野村は「宇津湖」という湖だったそうです、延暦に富士山が大噴火、その時、流れた溶岩流によって、湖は山中湖と忍野湖に分かれてしまい。忍野湖は富士五湖と関連する一つでしたが、川の浸食や掘削排水のため枯れてしまいました。忍野八海は、その時残った富士山の伏流水の湧出口の池として、今日存在している。水質・水量・保全状況・景観の良さから、昭和60年には、水質や水量、保全状況や景観に優れ、古くから地域住民に親しまれていると云う事で、環境庁より全国名水百選に選定、新富岳百景選定地、国の天然記念物にも指定されている

 




関連ホームページ
富士五湖ライブカメラ 忍野村観光協会