四季旅遊

根津神社本祭
根津権現祭り, BGM は 根津音頭
  
根津神社は、日本武尊が東征の途中、千駄木の地に創祀したと伝えられる古社。文明年間(1469〜87年)に太田道灌によって社殿が建てられたといわれている。 江戸時代に入り、五代将軍徳川綱吉は、兄・綱重の子綱豊(六代 家宣)を養嗣子に決めると、綱重の江戸屋敷を根津神社の社地として献納。大造営が行われ、権現造りの社殿・唐門・楼門などが奉建され、千駄木の旧社地より遷座されました。 毎年9月21日は、山王祭、神田祭とあわせて江戸の三大祭といわれる例祭が行われます。
本祭りは三基の内一基が交替で古式装束をまとって奉舁、仔列を整え揃って氏子中を巡行する。2006年の御還座300年大祭は江戸幕府の「天下祭」のイメージを再現し、3基の神輿(みこし)と山車が戦後初めてそろい踏みした。
今年の見どころは夕方、本社の神輿(鳳輦)が神社に帰ってきた後、担ぎ棒、飾り、大鳥(鳳凰)(ほうおう)を取り外した後、根津神社境内で担がれたのが迫力があり、感動しました。

 





2006年の御還座300年大祭