四季旅遊

祖光院・彼岸花
鮮やかに咲き誇る秋の花
新京成常盤平駅から、徒歩10分
  
松戸市祖光院へは、昨年も巾着田が満開の頃、訪れたのですが・・・・その時は花がしおれてましたので再度、訪れてみました。今年はちょうど満開を迎え感激しました。彼岸花で有名な巾着田のミニ版といえるぐらい、林の中一面に真っ赤な彼岸花が咲きみだれていますが、住宅地の中なのに薄暗い木々の中に、少し日差しが指す込むが深閑な雰囲気がある所です。巾着田と違い、こちらはローカルな名所なので、人出はほどほどなのが良い。真紅の花の中に、白い彼岸花が多く混じるのも、ここの特色です。

 





【彼岸花って?】
 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。別名マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。

【彼岸花の葉って?】
 花が咲いている秋には葉はなく、花が終わった冬に葉を出してくるので、
 花と葉を同時に見ることはできない。

【彼岸花の花言葉】
「情熱」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」