四季旅遊

平林寺
紅葉

臨済宗妙心寺派の別格本山で、同派の関東における修行道場。永和元年(1375)に現在の岩槻市に建てられたが、寛文3年(1663)に川越藩主松平信綱の遺言によって野火止に移された。本堂まで一直線に配置された総門、山門、仏殿、中門は県指定の有形文化財。また43万平方mの境内林(天然記念物)は紅葉の美しさで知られる。