四季旅遊

ふるさと祭り
高円寺阿波踊り

東京ドームの「ふるさと祭り」で高円寺阿波おどりが、本場徳島の誇る400年の歴史を持つ郷土芸能「阿波おどり」も参加しました。今回は総勢200名が参加して熱気のこもった阿波踊りを披露しました。「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…」

東京のど真ん中に集う“ふるさとの祭り”伝統のまつり
       エイサー祭り 高円寺阿波踊り 立佞武多(青森ねぶた)

 





本場徳島での阿波おどりのルーツには、

  1. 天正15年(1587年)蜂須賀氏の徳島城落成を祝い、城下の人たちが踊ったもの
  2. 能の源流といわれる風流踊りの開催があり、そこから阿波おどりが起きた
  3. 旧暦7月に行われた盆踊りから起きたもの


などの諸説がありますが、いずれにしても400年の歴史を持つものです。
さらに明治期の富豪藍商人によって、阿波おどりはますます盛り上げられていきました。
東京高円寺阿波おどりでは、本場徳島の誇る郷土芸能、阿波おどりに敬意を表し、学び続けて
今日に至ります。

高円寺阿波踊り