四季旅遊

ふるさと祭り
エイサー祭
東京ドームの「ふるさと祭り」に沖縄本島各地において見られる集落の娯楽舞踊。琉球王朝時代から農村を中心に発達し、念仏踊りの影響を受けたといわれている。旧盆とは旧暦7月13日から15日の3日間をさし、13日をウンケー(お迎え)、14日をナカヌヒー(中日)で、15日のウークイ(お送り)の夜に踊られる。13日の「ウンケー(お迎え)」で、下界に降りてきた先祖の霊が帰りたがらないので、太鼓を叩いて脅かし、再びあの世へと送り出したのが、念仏踊りとしてのエイサーの歴史で、夏の代表的な風物詩になっている。

東京のど真ん中に集う“ふるさとの祭り”伝統のまつり
ふるさと祭り エイサー祭り 高円寺阿波踊り 立佞武多(青森ねぶた)

 





太鼓
古くは小太鼓を使い、チヂン、ク−などと呼ばれた。エイサ−では、昔は木の胴の両面に皮をはったチヂン、又は片面だけのパ−ランク−を使用した。現在では、締太鼓、大太鼓などが使われているが、これらはかなり近世になってから使用されたと思われる。

手踊り
勇壮な太鼓集団の後に続いて踊る娘たち。短めの紺地の絣を着て、風にたなびくようなしなやかな腕の動きで披露する踊りは艶やか。地域によっては、男性が空手の型の手踊りを披露するところも。

チョンダラー
京太郎と書いてチョンダラー(京都からやってきた太郎の意)と読みます。京太郎とはエイサーにおける道化役のことです。観客を笑わせたり、盛り上げたりします。一般的には、カチャーシーをすすめたり、拍手をすすめたり、飛び跳ねたり、指笛を鳴らしたり、時には客に酒をすすめたり注いだりすることもあるようです。また、一方でエイサーのリーダー的な役割も担います。曲の間や途中で、列を整えたり、衣装を整えたり、三線のエイサーの調子を整えます。三線の音を聴きながら、エイサーの太鼓の指揮をとり、走るのを抑えたり、またリズムを急に速くしたりするのです。三線のキュー(合図)もチョンダラーが出します。
旗頭
布地や紙の一端を棹につけ、空中にひるがえる旗頭は、村の象徴を意味する。棹の頭に花型の飾りをおき、細い布に地域の名や、村を象徴する言葉などを書いたもので、エイサ−では旗頭が先頭を歩く。