四季旅遊

アタミザクラ  熱海・糸川沿いの桜
左の写真をクリックすると大きくなります


アタミザクラカンザクラ) 明治4年頃、イタリア人によって、レモン・ナツメヤシなど共に熱海にもたらされ、その後先人たちの努力により増殖が行われ、市内の多くの場所に植栽され、下田の御用邸(昭和47年)や伊勢神宮(昭和48年)、東宮御所(昭和51年)に献上されたことにより、広く知られるところとなった。
原産地はインドのアッサム州ダージリンと言われていますが・・・・(熱海市役所 のホームページでは、花粉形態分析等により、台湾・沖縄地方の「カンヒザクラ」と日本の暖地に自然分布する「ヤマザクラ」が親であることが推定されました。)
昭和40年に開かれた「花いっぱい運動」で命名され、昭和52年4月10日(市制40周年記念)にアタミザクラに指定されました。熱海市内に多く散在し、同じ枝に、早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、一ヶ月ほど花が楽しめます。早春の桜として温暖の地、熱海にふさわしく、人々に親しみを与えています。

熱海駅よりバスで、ひばりヶ丘・紅葉ヶ丘・上の山・桜ヶ丘・笹良ヶ台・相の原団地・元箱根・弘法滝・網代・熱海港}行きで銀座下車               四季旅遊トップページへ




あ た み 桜
☆ 概 要
あたみ桜は、明治4年頃イタリア人によって、レモン・ナツメヤシとと
もに熱海にもたらされ、その後先人たちの努力により増殖が行われ、市内
の多くの場所に植栽されました。
また、下田の御用邸(昭和47年)や伊勢神宮(昭和48年)、東宮御
所(昭和51年)に献上され植栽される事により、広く知られるところと
なりました。
熱海市では、市制施行40周年の昭和52年4月10日に熱海市の「木」
に指定しました。
☆ 特 性
あたみ桜は、開花期が1月と沖縄の寒緋桜と並んで日本列島で最も早咲
きで、早咲きの桜として注目を集める河津桜より約1ヶ月早く咲きます。
また、一般的に桜の開花期間は1〜2週間ですが、あたみ桜の開花期間は
1ヶ月以上と長いのが特徴です。
開花期間が長い理由としては、花のつき方が、ひとつの枝に早期に開花
する花芽と後期に開花する花芽の二段構えに形成されているためです。
☆ ルーツ
花粉形態分析等により、台湾・沖縄地方の「カンヒザクラ」と日本の暖
地に自然分布する「ヤマザクラ」が親であることが推定されました。