四季旅遊

水 戸 偕 楽 園   
水戸偕楽園は金沢兼六園・ 岡山後楽園と共に 日本三大庭園の一つとして評価されています.
水戸偕楽園. 梅の公園としても有名です、水戸第九代藩主徳川斉昭公が、天保13年(1842)衆
と偕(とも)に楽しむという趣旨で造られたものです。約13haの広い敷地に約3000本・ 100種類
の梅があり、2月下旬〜3月下旬に花を咲かせる。春から初夏にはツツジ、秋にハギの花が
咲く。また、偕楽園の表門近くの杉林・竹林、好文亭など四季を問わず見所が多い。
水戸偕楽園の梅の花が満開になりました。 JR 常磐線 水戸駅 入園料無料