四季旅遊

大賀蓮 2000年前の古代ハス
 発祥の地(千葉市)
撮影千葉公園
2000年前の古代ハス・大賀ハスを見に早く起きて〜 千葉公園に綺麗に咲いていました。
大賀ハス発掘から発見1948-1949年(昭和23-24)当時、東京大学検見川厚生農場 = 落合遺跡)最初にハスの実1個を発掘した。1951年(昭和26)3月、植物学者・大賀一郎博士は、地元の花園中学校の生徒たちと共に遺跡を発掘調査し、3月30日、花園中学校女子生徒(西野真理子)が、千葉市検見川(花見川区)、地下約6メートルの泥炭層から最初にハスの実 1個を発掘した4月06日、2個のハスの実を発掘し、発見したハスの実は、合計3粒になり。ハスの権威者・大賀博士は、それらの年代を明確にするため、ハスの実、丸木舟の一部などをシカゴ大学へ送って年代分析・鑑定を依頼した。その結果、それらが弥生時代(約2000年前)のものであることが判明した。 1951年、大賀博士は発見した3粒の発芽を試みたが、2粒は失敗に終わり、5月、残りの1粒が発芽に成功した。
1952年(昭和27)7月18日、早朝醤油製造)の庭で、ピンク色の見事な花(古代ハス)が咲く。
1953年(昭和28)8月5日、千葉市弁天池に移植し、4〜5本が開花する。
1954年(昭和29)6月8日、千葉県天然記念物に指定された。
以来、大賀ハスは「世界最古の花」として、海外でも大きい反響を得た。その古代ハスは千葉県千葉市千葉公園から日本各地をはじめ、世界各国へ根分けされ、友好親善を深めている。
大賀ハスは、「千葉市の花」にもなっている。……大賀蓮の文献より
千葉公園へのアクセス交 通:JR総武線千葉駅から徒歩15分 千葉駅からモノレール千葉公園から徒歩 1分










四季旅遊のハスの撮影
大賀蓮 2000年前の古代蓮 千葉公園 2007,06,29 高画質スライドショウ 
手賀沼のハス群生地 2005年
 手賀沼のハス2004年 上野不忍池のハス 
佐原水生植物園 ハス 日本一のハス園 大賀ハス 古代ハスのロマン 千葉公園 2006,07,06,


大賀一郎博士 植物学者 
1883年〜1965年 岡山県吉備町出身。
1909年(明治42年)東京帝国大学理科大学植物学科を卒業、大学院に進学。中国東北地区を視察中、普蘭店の泥炭地で埋蔵500年と推定されるハスの実を採集、1917年これの発芽に成功して以来ハス研究に進み、「古ハスの果実の研究」で理学博士の学位を取得(1927)以後、ハス糸で織ったと伝承された織物、工芸美術品の研究、古文化財の自然科学的な方法による研究の先駆けとなる。1951年(昭和26年)には千葉市花見川区検見川の遺跡から縄文時代(推定2000年前)に咲いていた古代ハスの種3粒を発見し、そのうちの一粒を開花させ「大賀ハス」の名を得た。