四季旅遊

麻賀多神社東日本一の大杉
麻賀多神社は石の鳥居をくぐり、奥の石段を上がると本殿がある。今から1800年ほど前の応神天皇の頃の創建と伝えられている。雅産霊神(五穀、安産子育ての神)を祀る。現在の本殿は元禄9年(1696年)に再建されたものです。神社の境内には、スギ、スダジイ、ヒノキ、ケヤキなどの巨木が林立していますが、特に本殿左奥には東日本一といわれる大杉がある。高さ40m、太さ8m、樹齢1300年と言われており、不老長寿祈願のご神木として崇拝されている。(記録的大杉は屋久島に縄文杉・大王杉)

j