四季旅遊

川村記念美術館大賀蓮・佐倉
佐倉の川村記念美術館へは今回はバイク(原付50cc)で行ってみました。初めは我孫子の蓮を見て千葉公園の大賀蓮を見て川村記念美術館の蓮を見る予定でした国道16号を千葉へ向かう途中、千葉市の手前で千葉公園の大賀蓮の花数が前回より減っている事を知って、千葉公園へは行かず佐倉の川村記念美術館へ向いました。国道16号線から51号線入り、坂戸交差点を八街方面から川村記念美術館へ行きました。川村記念美術館は1990年5月に千葉県佐倉市の郊外に開館された美術館です。美術館の正門をくぐると目の前に拡がる中央の庭、池を囲む芝生は綺麗に刈り込まれ、傾斜やカーブが何とも言えない趣を醸し出し、美術館に相応しい眺めです。左手の散策路を行くと、道沿いの傾斜地に点々と紫陽花などが咲いていました。遊歩道の奥の窪地には二つの池があり、一つは大賀ハスが綺麗なピンクの花を付けていました。大賀蓮は、昭和26年3月千葉・検見川の東大グラウンドの地下から発見されました。その後の大賀一郎博士の研究により、約2000年前の蓮の実であると鑑定された蓮の実は、その後 千葉公園を通して全国各地・世界中に寄贈されているロマンある花です。

j