四季旅遊

富岡八幡宮例大祭
深川八幡祭
富岡八幡宮の祭礼は「深川八幡祭り」とも呼ばれ、江戸三大祭の一つに数えられている。「深川、神田、山王」、下町風の勇み肌「わっしょい、わっしょい」の伝統の掛声を今なお堅くに守り、沿道の観衆からは清め水が威勢良く浴びせられ「水掛祭」と別称されている。3年に一度の本祭には氏子町内百二十数基の神輿が繰り出し、その内54基の大神輿が勢揃いする連合渡御は圧巻で「神輿深川」の名にふさわしいものである。今年(次の本祭りは2011年)は陰祭りでした。また、平成9年には宮神輿(二の宮)が氏子町内を渡御、実に68年ぶりに例大祭に宮神輿が渡御した。以後御本社祭と称して三年毎に宮神輿の巡幸が定められ、本祭・御本社祭・陰祭の順番で祭礼が行われるようになった。
東京メトロ東西線・都営大江戸線門前仲町駅から徒歩5分。

★★深川祭り・動画深川祭り水かけのシーンです。

j