四季旅遊

御 岳 山
レンゲショウマ群生地
御嶽神社標高929m 関東一の霊山 社伝によれば、創建は第十代崇神天皇七年と伝えられ、第十二代景行天皇の御代日本武尊御東征のみぎり、難を白狼の先導によって遁れたといわれ、古くより関東の霊山として信仰されている。
レンゲショウマ(蓮華升麻)は、キンポウゲ科レンゲショウマ属で日本だけに分布する。山地の落葉林内で、5〜60cmの細長い花茎を伸ばし、七月下旬から八月下旬にかけて、一株に5〜10輪位の約三センチの小さな花で下向きに咲く。 御岳のレンゲショウマは日本一で約三万平方メートルに約五万株が自生する、全国でも珍しい群生地・・・八重レンゲショウマと白花レンゲショウマと????レンゲショウマ(不明)が咲いていました。
2009年8月15日AM 4;38, JR常磐線・天王台(我孫子)を出発してJR山手線上野〜神田〜立川(青梅線)〜AM 7;15 JR御嶽着後、バスで〜滝本駅(ケーブルカー)〜御岳山駅〜レンゲショウマの散策後、御嶽神社〜ロックガーデン散策 

レンゲショウマ群生地と武蔵御嶽神社・ロックガーデンの案内

八重のレンゲショウマ・・・珍しい白花レンゲショウマ・・・変わったレンゲショウマ(新種か)もアップしてあります。

j