四季旅遊

川 越 祭
重要無形民俗文化財

川越まつりは、川越城主松平伊豆守信綱が祭礼用具を寄進した事に始まり、しだいに江戸の「山王祭」「神田祭」の様式を取り入れながら変遷を重ね、およそ350年にわたって受け継がれてきた。山車を持つ町の人たち、山車に乗る近郷の囃子方、山車を動かす職人という、それぞれの社会が調和した様式も江戸譲りの特徴と云われ、江戸が東京になり、本家東京の祭りが山車から神輿に代わった今、「川越まつり」は、かつての江戸天下祭を再現している。時代が変わり、社会が様々な変化を遂げても、祭りに象徴される川越人の心、町全体が一つになって祭りにかける情熱は、今も昔も変わっていない。
蔵造りの町並みの中を絢爛豪華に山車が曳き回され、軽快な囃子で祭りの雰囲気は一気に高まります。山車の上には人形がせり出す構造になっていて、山車は町名でも呼ばれますが、人形の名でも呼ばれています
埼玉県川越市
●池袋から・・・・・・東武東上線急行・川越駅(30分・450円)
●新宿から・・・・・・西武新宿線急行・本川越駅(57分・480円)
   西武新宿線特急“小江戸号”を利用(43分・880円)JR埼京線快速・川越駅(48分・740円)
●渋谷から・・・・・・東京メトロ副都心線・川越駅(約1時間・570円)


   






動く文化財・絢爛豪華な山車
市内の町内ごとに保有する山車は指定文化財にされているものも多数あり、
その歴史的価値と美しさは必見!
お囃子や踊りの見事な競演

"曳っかわせ”と呼ばれ、山車と山車が出会った時にお囃子と踊りの競演を行います。
盛り上がると急テンポのリズムで展開され、威勢の良い若衆のかけ声とともに祭りの
雰囲気は最高潮に達します。