四季旅遊
目次

皇 居 外 苑と二重橋
皇居外苑の皇居前広場から正門を通って宮殿にいたる濠には、2つの橋がかかっている。手前がめがね橋として親しまれている正門石橋で、奥の鉄橋は、江戸城の西丸下乗橋のあった位置で、木造橋時代に濠が深い為に、技術的な問題から橋桁が二重に架けられていた。そこから、「二重橋」と呼ばれるようになった。本来の名称は正門鉄橋という。また、現在ではこの2つの橋を総称して二重橋とよんでいるが正確な解釈ではない。また、手前の石橋を言う場合もあるがこれも誤りである。現在の正門鉄橋は昭和39年(1964年)に架け替えられたものである。手前の石橋は江戸城の西丸大手橋があった位置で、現在の石橋は明治20年(1887年)の建造である。