四季旅遊

水 戸 偕 楽 園
茨城県
JR水戸駅偕楽園行きのバス10分

茨城・偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園などと並ぶ「日本三公園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園された。千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場という願いに、「偕楽園」をつくった。約13haの園内には約百品種・三千本の梅が植えられ、早春には観梅客で賑わう。
 偕楽園は梅の名所として有名で、他に四季折々の見所があり、桜・キリシマツツジ、・孟宗竹や杉林、秋には可憐な萩の花やモミジが見られる。