四季旅遊の目次へ

真 鶴 貴 船 ま つ り
国指定重要無形民俗文化財
海上渡御 二隻の櫂伝馬が東西小早船・神輿船・囃子船を曳航する船まつりの見せ場
小早船が方向を変えるときは船体を大きく左右に揺りの動画

貴船まつりは日本三大船祭の一つで、毎年7月27日と28日の2日間に渡って行われます。
初日は、東西の小早船の、進水式が行われ、宮本岸壁に東西小早船・櫂伝馬・神輿船・囃子船などが献幣使の神輿船乗船を合図に、はやし船は一斉に進み櫂伝馬が他の諸船を曳航し、宮の前に停泊し貴船神社で神事の後、境内では、鹿島踊り(悪疫退散とともに大漁や海上安全を祈願する神事)祭りの見せ場の一つです。貴船神社の急な石段(108段)を神輿が降りてきて、少し、町内を練り歩いた後に、神輿が宮前に停泊中の神輿船に乗せられ、神輿海上渡御となります。小早船が方向を変えるときは船体を大きく左右に揺りながら・・・海上渡御します。湾内を曳航し宮本岸壁に到着し神輿は町内を練り歩き一日目は・・・来年は二日目を撮影したいなあと思いました。二日目はお仮屋を出た神輿が町内を練り歩いた後お仮屋から海上を渡って貴船神社に戻る一連の行事で、それぞれが古式にのっとってゆったりと進行する。貴船まつりは国の重要無形民俗文化財に指定されている。

貴船祭りの由来今からおよそ1,100年前の夏、真鶴岬の三ツ石の沖合いに毎夜ふしぎな光が現れ、海面をこうこうと照らしていました。ある日「平井の翁」という人が磯辺に出てはるか沖を見渡したところ、光を背にした一隻の屋形船が波間に浮かび磯辺に近づいて来るので、船内を調べると、木像12体と「この神をお祀りすれば村の発展がある」と記された書状がありました。そこで翁は村人と力を合わせて社を建て、村の鎮守の神としてお祀りしたのが現在の貴船神社と伝えられます。
 その後、村民の間に深く信仰され、17世紀中頃には船に神霊をお移しして港内の漁船、石船の祈祷をして回り、また、神輿が3年に1度村内を渡御するようになり、現在の貴船まつりの起こりと言える基本形式が生まれました。
 (交通) JR東海道 真鶴駅15分