四季旅遊

霧降の滝・霧降隠れ三滝
朝起きて今日は休みだから、どこへ行こうかなと調べたら・・・日光の霧降の滝がちょうど紅葉の見頃になっている事を知って即、着替えて我孫子から日光へ出かけました。電車の中で霧降の滝だけではつまらないので、以前 霧降高原にニッコウキスゲを見に行った時、霧降高原から歩いて霧降の滝へ、途中にマックラ滝が見た事があったので・・・そこも行こうと決めて日光駅を降りて霧降高原行きのバスで「隠れ三滝」まで行き、初めての山道を一人で歩きながら、マックラ滝、玉簾滝、丁字滝の3つの滝をめぐり歩きました。知らない山道をヘトヘトになりながら・・・その足で霧降の滝へ向かいました。観瀑台に着いた時は、15時・・・素晴らしい紅葉の滝に出会いました。そして東照宮へ・・・・・向かいました
霧降の滝・霧降隠れ三滝(マックラ滝・玉簾の滝・丁字ヶ滝)
霧降の滝は華厳滝、裏見滝とならんで日光三名瀑に数えられる、落差75メートル。途中、岩に当たって霧のような飛沫になることから、霧降滝と呼ばれている。マックラ滝全国でも珍しい北向きの滝で落差30m、幅10m水量は三滝の中で最も多い
玉簾の滝 すだれのように幾筋にも分かれて流れ落ちる滝、落差6m、幅が20mあります。水量が少ない時はその名の通り水が簾のように滑り落ち、優美な姿を見ることが出来る。丁字ヶ滝 巨大な岩盤の上を何段にも流れ落ちる滝、落差10m程で中間に小さい滝を介して下段の滝となっている。
北千住から東武鉄道・東武日光まで行き、霧降高原行のバスで隠れ三滝バス停で降りる。

   









   現在の閲覧者数: