四季旅遊の目次へ



京都の紅葉 光悦寺・源光庵
光悦寺は、日蓮宗の寺。元和元年(1615)、江戸時代最高の文化人といわれる本阿弥光悦は、徳川家康から鷹峯の地を与えられ、一族や知己と移り住み芸術村を営んだ。その折、本阿弥家の先祖供養のため位牌堂をもうけたのがはじまり〜敷石が続く参道は生垣に囲まれ、広い境内には楓の木がたくさん植えられ、三巴庵、了寂庵など、茶室が点在している。
源光庵は、庭にある楓が見事です。本堂には丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」があり、それぞれに仏意がこめられています。本堂の天井は伏見城の遺構で、落城の悲劇を伝える血天井