四季旅遊

本 埜 白 鳥 の 郷
千 葉 県 印 旛 郡 本 埜 村

 
本埜の白鳥の郷に今年は1000羽近くの白鳥が飛来しているとの事で朝早く起きて我孫子からバイクに乗って見てきました。我孫子を朝六時に出発して本埜白鳥の郷に朝七時前に到着、現在 1023羽の白鳥、珍しいアメリカコハクチョウ5羽、珍しいヒシクイ2羽、そして数百羽の鴨・・・・・・・・・・・・・本埜の白鳥は平成4年11月14日に印旛沼上空に飛ぶ6羽の白鳥を確認されて、姿を消し平成4年12月7日に家の前で田んぼの溜め水に再び舞い降り, これを発見した出山氏は地主に協力を求め、土地(50a)を貸りる事が出来、朝昼夕と同時間と同じ洋服で1日3回に分け、約3ヶ月間、餌を与え続けたところ、ようやく心通じて餌を持っていくと向こうから寄ってくるようになったそうです。 現在、季節名所になっている。
平成4年6羽 平成5年12羽 平成6年23羽 平成7年10月38羽 平成8年52羽 平成9年85羽 平成10年125羽 平成11年2月7日147羽 平成12年11月10日271羽   平成14年2月357羽  平成15年2月811羽 平成16年2月540羽 平成17年2月833羽 
JR常磐線我孫子駅から成田線で小林駅より徒歩30分、安食駅、北総線印旛日本医大駅より徒歩30分






今年は珍しい・・・ヒシクイが二羽渡ってきていました。
一週間前は一羽だけでしたが・・・二羽に(鴨は沢山いますが・・・・)

ヒシクイ:全長78〜89cm 翼長42〜52cm 
体重約2.8〜4.2kg
(分布)
ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、冬季は同大陸南部に
点在して過ごす。
日本には冬鳥として渡来する。
新潟県福島潟、石川県加賀市、島根県斐伊川、滋賀県湖北町
まで見られる。北海道や本州北部では旅鳥で、太平洋側に
越冬地は少なく、混在している宮城県伊豆沼近辺のみである。

アメリカコハクチョウは北アメリカ北部で繁殖する。
日本へはごく少数が冬鳥として コハクチョウの群れに混じって渡来する。