四季旅遊の目次へ

坂東観音霊場第二十四番札所
茨 城 雨 引 観 音 桜めぐり
関東の霊峰「筑波山」より北へ、加波山、雨引山(409m)と筑波連山北部の山の一つ・・・山の中腹に坂東三十三観音霊場の雨引観音(楽法寺)がある。雨引観音は用明天皇2年(587年)・歴史あるお寺です。安産、子育て、厄除けの祈願に訪れる人々はあとを絶たない。ひとときは観音経が観音堂から山中にこだまして霊験さが身にしみる。筑波山と加波山に囲まれ、春は桜の名所としても見事な場所で、山肌を桜がピンクに染めていました。春は桜・牡丹、初夏は紫陽花、秋は紅葉と四季折々の花が楽しめます。また、平成8年頃から数羽の孔雀を放し飼いしていますが、繁殖して、現在は十数羽います。今回は我孫子から50ccのバイクで取手〜つくばみらい市〜つくば市〜桜井市真壁〜雨引観音、帰りは雨引観音〜真壁〜筑波山神社〜つくば市北条〜土浦〜牛久〜藤代〜取手〜我孫子という行程でした。途中で道を2〜3回間違いました・・・・全走行距離 170K でした。