権 現 堂 桜 堤
埼玉/幸手市の権現堂

桜の時期には毎年、幸手の権現堂に行きます菜の花と桜が一堂に見ることが出来ます

桜の名所として名高い権現堂桜堤は、大正5年に権現堂川の堤に約3000本の
桜(ソメイヨシノ)が植えれ、
太平洋戦争の末期にまきとして切りとられたが、
昭和24年に再び植えられました。4月上旬には「さくら祭りが開催され、
1キロにわたるソメイヨシノの花のトンネルは各地からの花見客で
賑わいます。菜の花畑の黄色じゅうたんが桜の美しさを一層
ひきたてます。
 東武日光線、幸手駅から徒歩30分 

       下の写真をクイックしますと写真が大きく表示します。


ソースはQpon宮本様からお借りしてます