四季旅遊

持 法 院 彼 岸 花
千葉県柏市藤ヶ谷178

持法院 正式名称は登慶山如意輪寺持法院、下総三十三観音霊場の第二十七番の札所ともなっている観音堂がある。持法院は柏市内“彼岸花の名所”とネットで調べて知り、松戸の祖光院の彼岸花を見てからバイクで行ってみました。柏から国道16号線を八千代方面へ向かい藤ヶ谷の信号から左へ100m入った所、入口から彼岸花が見頃を迎えて一面に咲いていました。
 
2011年9月29日撮影

.
       







【彼岸花って?】
 ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。別名マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。

【彼岸花の葉って?】
 花が咲いている秋には葉はなく、花が終わった冬に葉を出してくるので、
 花と葉を同時に見ることはできない。

【彼岸花の花言葉】
「情熱」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」