四季旅遊

明治神宮外苑いちょう並木
2011年12月4日撮影  東京メトロ地下鉄 銀座線外苑前
青山通りから外苑中央広場道路に至る街路樹として植栽された銀杏並木は四季をとおして、その人工自然美の素晴らしさから、都民に親しまれ、白亜の絵画館を望む四並列の銀杏の大木が作り出す景観の美しさは、世界的に知られています。いちょう並木は青山通りから外苑中央広場道路まで300m、146本が9m間隔で植えられ、現在では最高28m、目通り周り2m70cm、最低17m、目通り周り1m60cmに成長しています。両歩道にはベンチもあるので座っていちょうを眺めるのも素晴らしい。
.