四季旅遊

江戸総鎮守 神 田 明 神 だいこく祭
神田神社 2012年1月15日撮影

神田明神で、恒例の「だいこく祭」境内では大黒様に扮した神楽師が、参拝者の頭上に、小槌をひと振りする姿が・・・開運招福の福笹守りも授与。「だいこく祭」は随神門のすぐ左手に高さ6b余の大きな大黒像が立っている。神田明神一之宮祭神の大己貴命(おおなむちのみこと)別名大国主命の像。国土経営、夫婦和合、縁結びの神として崇敬されている。毎年一月中旬に3日間、だいこく祭が催される。この日だいこく様に扮した神楽師が参拝者の頭上に、小槌を振って福を授ける姿が見られました。そして午後3時からはだいこく像の前でだいこく祭が行われる。この期間中だけ一生の福を招くとされる「福笹守り」が授与され神田囃子や将門太鼓の演奏なども披露されました

.