四季旅遊

明 治 神 宮 北池の鴛 鴦 (お し ど り)
2 0 1 2 年 1 月 2 6 日 撮 影

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社ですが、内・外苑一帯にわたって、全国から献木されたおよそ10万本、365種の人工林で、面積は70万平方メートル、国民の心のふるさと、憩いの場所として親しまれています。初詣は毎年日本一の参拝者数を集める神社として知られいます。明治神宮には静かで大きな森が残され、都会のオアシスになっています。この広大な森には、沢山の野鳥を堪能できます。 冬にはオシドリが多く渡ってきます。おしどりのオスは繁殖期には大きな銀杏羽(いちょうばね)を持ち、とても美しいが、メスは非常に地味な灰褐色である。この美しい色彩の羽毛を持つオスは、メスと一緒にツガイでいることが多く、オシドリ夫婦の名の由来となっていますが・・・・・・しかし毎年のようにカップルの相手を変える。オスは子育てを全く手伝わないそうです。カモ目/カモ科

.