四季旅遊

国民公園協会新宿御苑
新宿御苑の春
2008月3月9日更新
東京都新宿区 東京メトロ新宿御苑駅下車3分 JR新宿駅15分 
新宿御苑の敷地は、天正18年(1590)に豊臣秀吉から関八州を与えられた徳川家康が江戸城に入城した際、
譜代の家臣であった内藤清成に授けた江戸屋敷の一部です。

東京の副都心にある新宿御苑で梅の花・スイセン・カンザクラなどを見て、桜の開花を待つわびてます。
カンザクラの花弁がピンク色というより綺麗な乳白色になっていて、メジロなどが花弁の蜜を求めて
つついでいました。梅は日本庭園ほか・・・・・四月の桜は見ごたえがあります。花の種類も多く御苑の
中は溢れんばかりの花見の人が訪れます。 新宿御苑ホームページ 
開園時間 9:00〜16:30 (入場は16:00) 休園 毎週月曜日 大人200円 小中学生50円




 
新宿御苑の梅の桜




ワカケホンセイインコ インドやアフリカなどの暖かい所に住む鳥 日本ではペットとして飼われ、いつの
日か籠から逃げ出して、都会で暮らすようになった。大きさは鳩より大きく、全身は黄緑色で尾が長い
青緑色、くちばしは赤い。オスは首の周りに赤と黒の輪が見られ「月の輪インコ」とも呼ばれている。