四季旅遊



小村井香取香梅園 梅まつり
江戸時代には小村井(現在の文花)に「小村井梅園」が作られ、安藤広重の浮世絵にも画かれる程の梅の名所。当時は「梅屋敷」とも呼ばれ、香取神社の東側に3300坪の広さをもち、毎年将軍家の御成りがあり、「御成り梅」と言われた梅の木もあったそうですが、明治43年の大洪水により廃園となってしまいました。平成6年、江戸の名所「小村井梅園」ゆかりの地に「香梅園」が開園、以来毎年2月中旬に「梅祭り」が開催されるようになった。 江戸時代は300坪でしたが、現在の香梅園は狭い敷地ながら85種120本の梅がある。
アクセス・東武鉄道亀戸線小村井駅下車 
2012年3月13日撮影