四季旅遊

日 光 東 照 宮 春 季 例 大 祭 2 0 1 2 年
百 物 揃 千 人 武 者 行 列
千人武者行列は、徳川家康公の神霊を駿府久能山から日光へ改葬した当時の行列を再現した「百物揃千人武者行列」と伝えられる豪壮な渡御祭、江戸時代は、4月17日に行われ、京都から例幣使がつかわされていた。春(5月18日)と秋(10月17日)の2回行われます。春は千人を超える行列で、出発は二荒山神社境内からになります。行列が御旅所に着くと、三品立(さんぼんだて)七十五膳と称する神饌(しんせん)を供え、「八乙女の舞」「東遊びの舞」の二つの舞が古式雅やかに奉納される「御旅所祭」が行われます。昨春は東日本大震災の為に中止となり2年ぶり、前夜からの雨は午前9時過ぎに上がり、開始を告げる花火が打ち上げられました。昼前に、神霊を乗せた神輿など一行1200人が二荒山神社を出発し表参道両側に詰め掛けた観光客が見守る中、約1キロ離れた御旅所まで練り歩いた。神事を経て再び、一行は東照宮に戻ってきました。写真は二荒山神社境内~御旅所祭まで
      
    








千 人 行 列 の 内 訳

1.兵士鉾持ひょうじほこもち  100人警固2人

2.職士鉾持  神人1人

3.獅子  神人3人

4.獅子  神人3人

5.笛  神人1人

6.田楽法師  宮士1人

7.大拍士  神人1人

8.八乙女

9.祢宜  騎馬  素袍1人・白張4人

10.権宮司  騎馬   素袍1人・白張4人

11.御神馬  3疋 白張6人

12.御鉄砲持  50人警固2人

13.御弓持  50人警固2人

14.御鎗持  50人警固2人

15.鎧武者  100人警固2人

16.稚児 12人警固2人

17.掛面  50人警固2人

18.御翳おさしば  神人4人

19.御太刀禰宜  騎馬 御太刀付神人1人 素袍1人白張4人

20.御旗禰宜  騎馬 御旗付 神人1人 素袍1人白張4人

21.斎鉾いみほこ三本  白張15人警固6人

22.祭旗八本  白張40人警固16人

23.葵太鼓  白張4人

24.鉦鼓  白張2人

25.猿牽 10人

26.宮仕  6人

27.神人  50人

28.伶人 9人

29.荷太鼓・荷鉦鼓 白張3人 白張2人

30.鷹匠  10人

31.御枕木・御枕木 白張2人 白張2人

32.御幣 神人1人

33.禰宜 騎馬 素袍1人白張4人

34.禰宜 騎馬 素袍1人白張4人

35.素袍着  15人

36.御本社神輿  白張50人警固40人

37.子供猿  8人

38.旧同心

39.巴太鼓  白張3人

40.鉦鼓  白張1人

41.御枕木・御枕木 白張2人・白張2人

42.御幣  神人1人

43.素袍着 15人

44.御左神輿  白張50人警固40人・今市世話人

45.子供猿  8人

46.旧同心  白張3人

47.茗荷太鼓 白張3人

48.鉦鼓  白張1人

49.御枕木・御枕木  白張2人・白張2人

50.御幣  神人1人

51.素袍着  10人

52.御右神輿 白張50人警固40人

53.子供猿  8人

54.旧同心

55.宮司  騎馬 直垂2人素袍1人白張4人

56.禰宜  騎馬 素袍1人白張4人

57.禰宜  騎馬 素袍1人白張4人

58.里山伏  若干
  副会長  騎馬 白張1人
  産子総代  騎馬 白張1人
  後衛副会長 騎馬