四季旅遊


大 賀 ハ ス 千 葉 公 園
2000年前の古代ハス(千葉市)



大賀蓮記念碑 (記念碑に刻まれている文)
昭和26年3月、
千葉検見川東京大学グランド地下より発見された3粒の蓮の実は、蓮の権威者
大賀一郎博士に依り、約2000年前のものと鑑定され、その年の
5月発芽し、翌年7月18日見事に開花した。
その後、此処千葉公園に移植され、毎年、薄紅色の美しい花を開いている。
また、ここから世界各地にも送られ、友好親善を深めている。
この蓮の永久に生命あらんことを念じて止まない。
昭和58年7月18日

撰文 千葉蓮の会会長  杉大郁太郎
    千葉市・千葉公園
大賀ハス開花60周年



大賀ハス発掘から発見1948-1949年(昭和23-24)、
東京大学検見川厚生農場最初にハスの実1個を発掘した。
1951年3月、植物学者・大賀一郎博士は、
地元の花園中学校の生徒たちと共に遺跡を発掘調査し、
3月30日花園中学校女子生徒が、千葉市検見川(花見川区)、
地下約6メートルの泥炭層から最初にハスの実 1個を発掘した
4月06日、2個のハスの実を発掘し、発見したハスの実は、
合計3粒になり。ハスの権威者・大賀博士は、
それらの年代を明確にするため、ハスの実、丸木舟の一部などを
シカゴ大学へ送って年代分析・鑑定を依頼した。その結果、
それらが弥生時代(約2000年前)のものであることが判明した。

1951年
、大賀博士は発見した3粒の発芽を試みたが、
2粒は失敗に終わり、5月、残りの1粒が発芽に成功した。
昭和27)7月18日、早朝醤油製造)の庭で、ピンク色の見事な花
(古代ハス)が咲く。
昭和28)8月5日、千葉市弁天池に移植し、4〜5本が開花する
(昭和29)6月8日、千葉県天然記念物に指定された。
以来、大賀ハスは「世界最古の花」として、
海外でも大きい反響を得た。
その古代ハスは千葉県千葉市千葉公園から日
本各地をはじめ、世界各国へ根分けされ、友好親善
を深めている。大賀ハスは、「千葉市の花」にもなっている。
蓮華亭・弁天池

ちはなちゃんと開花した大賀蓮

千葉公園大賀ハスを観る会のちらし













2012年6月28日千葉公園 大賀ハス
2011年6月28日千葉公園 大賀ハス 2010年6月29日 千葉公園・大賀ハス 2009年6月28日 大賀蓮 発祥の地(千葉)
2008年6月27日大賀蓮 千葉公園  2007年6月25日 大賀蓮 2000年前古代蓮 千葉公園 2006年6月28日大賀ハス 古代ハスのロマン 千葉公園



2011年8月6日上野不忍池のハス 2011年8月2日 あけぼの山農業公園 ハス 2011年7月6日 我孫子・藕糸蓮 2011年7月25日足立・堀之内公園の大賀蓮
2011年7月8日 行田古代蓮の里 2011年7月3日 行田古代蓮の里 世界のハス2010年7月20日 上野不忍池のハス 2009年8月3日 上野・不忍池のハス
2009年7月9日 川村記念美術館 大賀蓮  2009年7月9日 藕糸蓮(ぐうしれん)我孫子2008年7月5日 行田古代蓮の里 古代のロマン
2006年7月16日 佐原水生植物園 ハス 日本一のハス園 手賀沼のハス群生地 2005年 手賀沼のハス2004年 上野不忍池のハス


開花情報 千葉市千葉公園 大賀ハスのホームページ