上野東照宮ぼたん苑 春ぼたん
東京での春ぼたんを楽しむには上野東照宮ぼたん苑がいいかも、上野の
ぼたん苑の近くには見るにも撮るにも、たくさんの場所かあって楽しいです。
このぼたん苑は1980年(昭和55年)に日中友好を記念して開苑したそうです。
回遊式の日本庭園では日本のぼたんと中国政府から友好記念として贈呈された
希少な中国のぼたんを合わせて290品種・3,800本が冬・春と見事な花を咲かせます


中国が原産。キンポウゲ科のシャクヤク属に属する落葉潅木。奈良時代に薬用植物として
渡来しましたが、その後、観賞用として品種改良が盛んに行われています。         
夏の高温多湿を嫌い、日当りが良い場所で、排水、通気性の良い土壌を好みます。極端な
砂質か強い粘土質でない限り、たいていの土質で良く育ちます。変化に富んだ豪華な花を 
咲かせ、富貴、繁栄を表す縁起の良い「富貴花」、「百花の王」と呼ばれています。     
ぼたん苑の資料より     
Sorry, your browser doesn't support Java(tm).

 冬ぼたんのページへ