四季旅遊
四季(イベント)

浅 草  三 社 祭 2013年町内神輿連合渡御
本社神輿は、一之宮、二之宮が 昭和25年、三之宮が昭和27年に、氏子44ヶ町によって奉納されたもので、 聖天町の宮本神輿店の作、浅草寺の御本尊観音様の「御示現」に関った、郷司の 土師中知と兄弟漁師、檜前浜成と竹成の三人を神様 として祭ったもので、三人の神様から「三社」を称され、 「一之宮」が土師中知「二之宮」が檜前浜成、「三之宮」が 檜前竹成に配されている。この他、徳川家康、大国主命も 御祭神である。御祭神は 家内安全・豊作・豊漁である。 本社神輿の台座幅は、3体とも1290m/m(4尺2寸5分)。重量は一之宮が 1060Kg。二・三之宮が1000Kgである。高さは、一之宮が2620m/m。二・三之宮が2120m/mである。 神輿を担ぐ時のかけ声、セイヤ・ソイヤが主流となっているが、かつて は「ワッショイ」であった。これを イントネーションから分析、 ワッショイ→ワッショイ→ショイワッ→セイヤと変化して来た。
  アクセス つくばエキスプレス・東京メトロ・都営地下鉄・東武鉄道・・・浅草駅下車。