四季旅遊
四季(イベント)

下町の初夏の風物詩 入 谷 朝 顔 ま つ り
2 0 1 3 年 7 月 7 日 撮 影
朝顔まつり(朝顔市)は毎年七月六日〜八日までの三日間開催されます。入谷の朝顔市は、入谷鬼子母神(真源寺)を中心として、百二十軒の朝顔業者と百軒の露店(縁日)が並び、毎年四十万人の人出で賑わう。今年は小雨の中、見に行きました・・・色とりどりの朝顔がずらりと並び、朝顔姿のハッピにねじり鉢巻き姿の売り子さんの「さあ、見ていってや」など掛け声があちこちから飛び交っていました。朝早くから品定めをする人、見て楽しむ人、写真を撮る人などで賑わっていました。朝顔の種類も多く、入谷の朝顔で一番人気は「団十郎朝顔」江戸時代に二代目市川団十郎が好んだ 半被の茶に近い事から命名された朝顔、色から曜白朝顔、富士の紅、松の風、浜の風、平安の錦、暁の海、暁の紅、暁の雪、暁の錦、南海スカイブルー、咲き方では、ききょう咲・ルコー・琉球・夕顔・昼顔・宿根朝顔・モミジヒルガオ・アメリカチョウセンアサガオ・西洋朝顔など
 JR鶯谷駅 徒歩10分 東京メトロ日比谷線入谷駅 徒歩2分